写真屋さんでのアルバイト

これは今から17年前にしていたお仕事です。内容は受付から現像、プリント、色調補正をしていました。まず、プリントに使うペーパーはトイレで真っ暗な中、手探りでケースにはめ込みます。少しでも隙間があると使い物にならなくなるので、慎重にやります。
そして、お客様から預かったフィルムを現像機にかけて現像し、少し乾かしてから、プリント機にいれて自動プリントして、検品作業で1枚1枚色やゴミがついていないかを確認して、色が暗い場合は明るくしたり、式場などで黄色みが強い写真はイエローをー2、シアン+2というように黄色みをー2して、シアン(青)+2してバランスを計ったりします。そして、きれいにしてから、お客様に引き渡すという仕事でした。みなさん様々なものを写してくるので、公序良俗に違反するものはプリントにはせず、一言書面をいれておくということもありました。大変な仕事ではありますが、やりがいのある仕事でもありました。でも、今は何でもデジタルなので、写真屋さんも会社も苦労してると思いますし、仕事内容は一変しただろうなと思います。