写真屋さんのカウンター業務

私の町に大型のショッピングセンターがありますが、そのショップ内には、メーカー別の写真屋さんのカウンターがあり、そのアルバイトをやっていたことがあります。

携帯電話を販売するテナントの隣で、デジカメの写真を現像する機械が何台か置かれているのですが、そのデジカメの機で予約ができないような大きな写真の予約を受け付けたり、実際に完成した写真をお客さんに販売する業務なのです。

なので、特別な知識は必要なかったのですが、お客さんとデジカメの話をしていたりすると自然と今風のデジカメの扱い方などが分かってきます。

そうすると、別のお客さんがデジカメの常識のことで分からないと、私の知識の中から為になりそうなことを教えてあげるのです。そんな事を繰り返していましたが、段々と一眼レフカメラに興味が沸いてきて、そのうち購入する事になりました。

やっぱり写真を専門にするスタッフとして働いていると、スマホの写真では満足できないようになってくるのです。これも、必要なかったかもしれない一眼レフデジカメの知識が増えたことが要因かもしれません。