冷凍庫内での作業

いままで、いろんなアルバイトをしてきました。
最も過酷だったアルバイトは冷凍庫内での作業でした。
マイナス20℃の中に8時間入ります。その間、15分の休憩が2回
ありました。だから、合計7時間30分は、冷凍庫内にいるわけです。
かなり分厚い防寒具を着込んでの作業だけど、じわじわと
手足の先端が冷たくなってきます。やがて感覚がなくなってきます。
冷凍庫内の食品の仕分け作業で、結構、重いものもあります。
凍えるし、重いしで、体はへとへとになります。1日働いた時点で、
これは長続きしないと思いました。でも、たった1日でやめるのも
残念ですし、もしかしたら、慣れてくるかもしれないと思いました。
しかし、2日目も3日目も、過酷さは変わりません。むしろ、
どんどんしんどくなってきます。疲労が蓄積して、体の冷えが抜け
きれない感じになりました。それでも、がんばって続けてアルバイト
しているうちに、慣れてきました。体が順応して、そんなにつらく
なくなりました。稼ぎのいいアルバイトですし、今も続いています。