凍てつく寒さと引き換えに得た車購入資金

私は、学生時代に4種類ほどアルバイトを経験しています。私が学生当時は、アルバイトと言えば、コンビニや家庭教師、娯楽施設でのバイトが多かったのですが、私は、コンビニも家庭教師もやりませんでした。
特に、コンビニは時給が安く、テスト前にも絶対シフトに入らなければいけないという制約があったので、パスしました。
家庭教師も、人に教えられるほどの能力がないというのは自覚していたので、身の丈に合わないことはしないようにという事でパスしました。
そこで、ある程度時給が高く、シフトも少し融通してもらえる、バーテンダーのアルバイトを選びました。
もちろん夜のバイトなので、朝起きるのが辛いときもありましたが、そこは、時給と引き換えにと我慢していました。
しかし、一番辛かったのは、冬の時期に原付で帰ることでした。
道路脇にある温度表示を見ると、-3℃と表示されていることもあり、帰宅後、直ぐにお風呂に入らないと、生き返りませんでした。
ただ、おかげさまで、車を買うお金を貯めることができ、原付生活ともお別れすることができたことを考えると、寒さに身を凍えさせたことも良い思い出となっています。