初めてのアルバイトって

私の人生初めてのアルバイトは、地元にある町の小さなパン屋さんでした。
子供のころから通っている大好きなお店で、笑顔がすてきなご夫婦がいつもおいしいパンを作っていました。
高校1年生になり、部活もやっていなかった私はなにかアルバイトがしたいと思い探していたときに、たまたまそのパン屋さんの前を通ったときに、アルバイト募集の張り紙が貼られているのを目にしました。
運命だと思い、そのまま店内に入ってここで働きたいですとお願いしてみました。するとおばさんは、「昔からよく来てくれているもんね、いつから来れそうだい?」と、笑顔で言ってくれました。
普通なら面接とか履歴書が必要なのですが、娘みたいなものよと言ってくれて、翌日からさっそくお店で働けることになりました。
高校を卒業するまで、ずっとそのパン屋さんで働きました。おじさんもおばさんも本当によくしてくれて、常連さんとお話ししながら大好きなパンに囲まれてお仕事するのは本当に楽しかったです。
また学生に戻れたら、もう一度あのお店で働きたいなと心から思います。