初めてのアルバイトに女神降臨。

今から10年以上も前の事・・・。夏の風が頬をくすぐり始めると、僕はよくあの日の事を思い出します。そう、16歳の夏、初めてアルバイトを始めた時の事です。まだ高校に入学したばかりだった僕は、家庭の事情などもあって、バイトを始める事になります。僕は何のアルバイトがいいかな~と考えていると、やはり一般的に高校生のアルバイトというとスーパーのレジ打ち店員だろう!という事で面接を受けにいきました。すると180センチの大柄でクマみたいな人が店長で、小柄でいかにも小動物のような人が副店長でした。彼らは見た目によらず、親切に仕事を教えてくれました。そして、しばらくすると、事務所のドアが開いて「おはようございま~す」と声がしたのです。その人はなんと、僕が通っている高校で有名な美人な先輩だったのです!この出会いに感謝しつつ、恥ずかしくって目も合わせる事もできません・・・・。しかし、ユリ先輩はこんな僕にもとても優しく仕事を教えてくれて、心底アルバイトを始めてよかったなと感じたのでした(笑)