初めてのバイトは年末のギフト包装

初めてのバイトは年末のギフト包装でした。
近くの大型スーパーで臨時特設会場が作られ、どこにでもあるかと思いますが贈答品が並べられているコーナーのバイトです。
期間は冬休みの間の10日間。
バイトはアルバイト情報誌で知り、電話をかけたら人がいないのか面接することなく採用とのこと。
その後、履歴書をもってスーパーに行き、正式に採用してもらうことになりました。
何しろはじめてのバイトだったので、社員さんから丁寧に教わりつつも、スーパーのギフトなので高額商品もなく、お客さまは主婦の方ばかりだったので、大して苦労もなくのびのびできたバイトでした。

包装というのは一目で包装の出来がわかってしまうのです。
素人のわたしが包むのが許せず、「ちょっとわたしが包むから!」と、お客さまが自ら、包装することもありました。
簡単な包装でキャラメル包装という、まさにキャラメルを包装する際に包むやり方があるのですが、その包装でもなかなかわたしがやるとOKが出ませんでした。
角の折り目が汚いとか左右対称ではないなど、なかなか奥深く包装という世界が面白く感じました。
バイトの後半ではコツも掴み、社員さんから売り場を任されることもあり、楽しいバイトでした。