初めての学祭

私は工学部の工業デザイン学科に入学しました。
工学部ということもあり、女子がクラスで1割もいなかかったので、友達ができるかどうかかなり不安でした。
しかし、私たちの学部は少しカリキュラムが特殊だったのでクラスでの授業が多く直ぐ、男女ともに仲良くなれました。
そして、2年生の夏頃にデザインサークルを自分たちの代から立ち上げ、学祭で何かお店を出店しようと声を掛けもらいました。
いつも飲み会ばかりだったので今回、仲間同士で何かをやるのは初めてでした。
とても嬉しかったのを覚えています。
そして、私たちのデザインを活かしたなにかができればという案でtシャツ屋さんをやることになりました。
私たちデザイン学科にとっては腕の見せ所でもあったので、一人何案でもいいのでTシャツをデザインし売ってみることにしました。
私は4案出し、色違いなども含め8枚出品しました。
全て完売し、少し黒字だったので打ち上げの費用も含めるとプラマイゼロでした。
自分たちのデザインが世の中に出て行ったことが今でも強みになりました。
そして、大学生活で大事な仲間と過ごした時間もとても大切な時間になりました。