初めてアルバイトをした日の面接

私のアルバイトの思い出というと初めてアルバイトをすることになった日の面接の日のことです。それまで一度もアルバイトをしたことがなかったため、もちろん面接といったものを受けるのも初めてでした。
そのためたかがアルバイトの面接だとはいえ、気持ちの中ではまるで就職試験でも受けに行くようなかなり緊張したような思いでいました。そうしてもちろん履歴書も丁寧に書き、身だしなみも整えて面接に行きました。ただ面接官自体はごく普通の人でそれまで緊張していたのが嘘みたいに緊張を解すことができました。
そうして面接には受かり、初めてのアルバイトをすることとなったのです。
そのアルバイト自体は小さな店舗のレジだったので、すぐに仕事を覚えることができ、しばらく後には随分仕事にも慣れることができ、楽しく働けるようになりました。
それ以降他にもいくつかアルバイトを経験しましたが、もうその頃には面接で緊張することもほとんどなくなりました。