初めて楽器を買った時の気持ちとか。

ぼくは音楽系のサークルに所属していました。楽器はドラムをしておりました。
なぜドラムを選んだかと言うとキッカケは単純で、
友達が「ドラムやらない?」と誘ってくれたことでした。

ドラムを始めるにあたって自分の楽器が欲しくなり、アルバイトをしてお金を貯めて、楽器を買いました。初めて自分の楽器を持った時は嬉しくてたまりませんでした。

楽器屋さんへ行き、スネアを眺めて実際に叩いて。
叩いても正直、音の違いは分かりませんでした。
こんなもんかな?なんとなくこっちが好きかな?という程度。

始めはやはりわからないものなのだなと思いました。
楽器の名前はたしか、メープルカスタムというものです。
黒い塗装で、厚さは8プライ程度、オーソドックスなものでした。

これはオーソドックスな音も出るし、
表現の幅はけっこう広いから、初めてならいいんじゃないかな。
と言われて、叩いた感触も好みだったので購入を決めました。

今では生産が中止になっているそうで、なんだか残念です。
しかしもう手に入らないものを持っているという点ではちょっと嬉しいです。