初めて習った第二外国語

私は第一志望の大学に一浪で入ったのですが、まあ受験に戦争に勝ち抜いたいう気持ちもなくはなく、少し大人になったし、偉くなったような気持ちが生じたのは確かです。そんな気持ちのなかで、新入生の履修科目登録の時に第二外国語を選ぶわけです。私は前から希望していたフランス語を選択しましたが、
第二外国語を勉強する、ということが、すなわち、大学生になったんだ、という気持ちと結びついていて、第二外国語を勉強すること自体を誇らしく思う気持ちさえあったのです。
だから、最初の授業も楽しみで、しかも先生は小説や評論なども書いていて高名な方でしたから、こちらのワクワク感も相当なものでした。初等文法のテクストを一生懸命予習して臨んだものです。
しかし、期待していた有名な文学者の教授は、初級の文法などまともに教える気はないようで、明らかに手抜きの授業を行い、しかも休講もとても多かったのです。そんな成り行きで、最初は意気込んで臨んだフランス語の授業でしたが、こちらもだんだんに気持ちが萎えていきました。結局単位は取得できましたが、今の私のフランス語の実力は、とても人に自慢できるものではありません。