初めて買った車で首都高速を走ってみた

大学生になり中古ではありますが自分の車を持てる時が来ました。高校卒業前に免許は取得していましたが自分の車は所有していなかったので購入した時は嬉しかったですね。休みになると大学の周りを走ったり徐々にと腕をしたり練習するようになります。

そして走ってみたかった首都高にチャレンジする事にしました。地図で見てもどこをどう走ればいいのか意味不明な首都高ですし、かなり飛ばして走っていると聞いていますので、不安はありましたが友達2人を乗せていざ乗り込みます。やはりすごいスピードを暗号の様な標識にどこを走って良いのか分かりません。

とりあえず目的地を決めずに走る事だけを楽しもうと思いました。しかしノロノロ運転の僕の車を邪魔そうに他の車が抜いていきいます。車線変更するにもタイミングを逃すと車が来ますし、右車線を走っていると邪魔なので左車線を申し訳なさそうに走りました。車を買ったばかりの大学生には首都高は怖いですね。

もっと練習をして走りなれる事と、首都高の形を頭に入れる必要があります。大学生時代には何度か挑戦しましたが常に緊張しながら運転した事を覚えています。