初めて長期の1人旅をしました

大学1年の夏、初めて1人で遠方を旅行しました。
遠方といえど国内で、地元の千葉から長崎県の対馬へ行くというものです。1週間かけて対馬を南から北へ移動しました。
きっかけは大学で歴史の勉強をして、そこで対馬を挟んだ日本列島と朝鮮半島の歴史の本を読んだ事です。今からもう20年近く前のことですが、対馬の郷土史家の方がすごくよく纏められた本を出版していました。その内容に魅せられて、様々な史跡や遺跡を自分の目で見てみたいなあと考えたのです。
しかし現地までの移動や宿泊費など、旅の費用はばかにはなりません。そこで両親に相談したところ、旅先で調べた事をレポートにまとめるという条件で、有難い事に旅費を出してくれました。そのお金で予算と旅程を立てるのも勉強だという事でした。
1週間分の行動計画、宿の予約、現地での交通手段確認、目的地の選定…と、1人で行うのは初めての事ばかりでしたが、何とかこなして旅ができました。対馬を縦断するとなると、交通が不便な場所を訪れる事もあります。また史跡は結構寂しい場所に位置する事もあります。そうした現地での困難もまた懐かしいですが、それをとても上回る様々な思い出、勉強ができました。
また今の私が旅の幹事をこなしたり、一人でどんどん海外旅行へ出るのも、ひょっとしたらこの時の経験が元になっているのかも知れません。大学生となり、一人で決断して行動する貴重な経験をさせてくれた両親に本当に感謝しています。