初競馬は大学生だけど大波乱

大学生にもなると色々な事が経験できます。もちろん友達からの影響が大きいのですが、生まれて初めて競馬というものにチャレンジしたのも大学生の時でした。これまで一切興味もなくニュースで結果を見たりする程度でした。大学生になって仲良くなった友達が競馬が大好きで、一度一緒に行こうと誘われました。

とは言え馬券の買い方も知らないですし、何を基準に馬を選べばいいのかも分かりません。今回は天皇賞というレースらしく一番人気が鉄板の馬だと言う事です。だから1点買いで間違いなく勝てると言います。もちろん賞金は易いので大きく勝つことは難しいそうです。まぁ競馬に何万というお金はつぎ込みませんし初めてでしたので、遊び程度で買ってみる事にしました。

鉄板と言われる馬の1点買いでしたので投資したお金が戻れば無料でドキドキできたようなものです。そしてレースが始まり、スタートから圧倒的な早さで先頭を走ります。やはり鉄板と感心していた最終コーナーで急にスピードが落ちます。後続の馬から抜かれてのゴール。まさかの鉄板馬が負けてしまいました。

後から聞いたら骨折をしたらしくその後安楽死だそうです。まさかの初レースで鉄板が骨折するとは思いませんでしたが、この一度だけで競馬はやっていません。