前の会社よりアルバイトを引き継ぐ

私が担当している、国や自治体の入札案件の仕事は、例外もありますが、ひとつの仕事の契機が1年というものが多いのです。落札した会社が、契約日から1年間、その業務を請けおい、1年後にまた新たに入札を行うというものがほとんどです。中には3年、5年、または短期というものも当然ありますが。

前回入札した会社が再度落札するという事もありますし、違う会社が落札する場合もあります。後者の場合、新たにアルバイトを雇うより、前回までその仕事に従事していたアルバイトを、前回落札した会社から引き継ぐ形をとるのが理想です。条件等ありますが、今までその仕事をやっていた人を雇うわけですから、即戦力となるのは当然の話です。

ただ、前回の会社が手数料を取ろうとしたり、条件が合わなかったりと、結局新しいアルバイトを雇わなければならない状況になったりもしますが、新たに入札した会社としては、出来る限り今まで働いていた人を雇いたいと思うのは、至極当然の事だと、私は考えます。私自身、そちらのほうが安心できますし、精神衛生上もいいのです。