助けになるはずだったのですが…

初めて大学受験をした時のことです。その大学は本命ではなかったのですが、初の大学受験ということもあってかなり緊張していました。そんな私の助けになってくれたのが母のお弁当です。朝も早くからお弁当を作ってくれました。お弁当が必要な日はいつでも作ってくれていましたが、朝が早いこともあり冷凍物のおかずがちらほらとありました。しかし、その日は大学受験。気合いを入れて全部自分で作ったと渡してくれました。冷凍物のおかずが美味しくないとは言いませんが、母が作ってくれたおかずの方が数段美味しいです。なので、お弁当を食べるのを楽しみにテストを頑張っていました。
ようやくお昼の時間。お弁当の中には確かに手作りと思われるおかずがたくさん並んでいます。ただ、気合が入り過ぎたのかちょっと多めでした。うれしいものの食べるのに多少苦労させられた私。無理して食べなくても良かったのですが、せっかく作ってくれたのだからと無理をして食べてしまいました。結果、次のテストは問題と共にお腹の痛みとも戦わなければならないようになってしまいました…。