労働条件はアルバイト先によってかなり違います

労働条件のいいところで働きたいと思うのは当然のことです。

が、アルバイトとして働く場合には自分が働く予定の職場によっては労働条件がかなり異なっていて、人を雇うという視点から見ても基本的にはかなりの違いがあるということがわかっています。
例えば労働条件の一つである労働時間に関しては短いものならば2時間からあり長いものは残業も含めるとかなりの長時間となります。
また給与など表に現れるものも違いますが、有給などの部分や社会保険などの部分においてもそれぞれ違いがあるため、これらの違いを理解した上でアルバイト先に応募することが重要です。
ただし、社会保障に関してはあまり求人情報にかかれることはありませんから、ここがしっかりしている会社を選ぶのは困難だと言えるでしょう。
そんなときには、そこが大手であるかそうでないかという視点から見てみるのが大事です。大手の場合にはしっかりした社会保障を提供するのが普通なので、期待値が高いと言えるからです。