効率のいい受験勉強法

受験勉強に必要なものは何かと考えた時に私には「暗記」だと思います。
日本の受験は批判もありますが、暗記量がモノを言う受験ですからひたすら暗記をするのが受験勉強の基本だと思います。
実際に参考書をひたすら読み続けて、最後には参考書のどのページに何が書いてあるか、分かるくらいに暗記した記憶があります。

もちろん今は全く覚えていませんが。

浪人して大学に入ったので受験勉強の期間は通常の大学生よりも長いかもしれませんが、内容に関しては受験校にいた人の方が多いと思います。
それくらい効率の悪い受験勉強をしていました。

大学の行ってみて、さらには受験を経験してみて、私の受験勉強は全てが逆でした。
私の考える受験勉強の理想は暗記量がモノを言うならば、初めに暗記の範囲を絞ることから始めるべきだと思います。

簡単に言えば過去問をひたすら解いていく方法が効率的です。
過去問から知識の幅を広げておけば全く関係ない部分に時間を割く必要もないからです。
4年も勉強してたどり着いた境地のようなものです。