効率の良い受験勉強の方法

ベストな受験勉強の方法は、人によって違うそうです。
ノートに書いて覚える人もいれば、声に出すことではかどる人もいて、携帯のアプリで取り組むのがいいというデジタル派の人もいれば、単語帳を駆使して行うアナログ派の人もいます。効率がよく自分にとって最も覚えやすい方法というのは、人それぞれにあるそうです。
私は専ら、ノートに書き起こして線を引いて覚える派でした。教科書に載っている内容を自分でまとめて、そうして頭の中に叩き込むのです。とんでもない効率の悪さでした。それでもテキストを購入してドリルを解くだけでは上手く頭に入っていかないのですから、しょうがありません。
教科書全ての内容をノートにまとめることなどできませんから、ある程度試験にでやすそうなところにヤマをはってみたりして、それが全く当たらなかったこともあれば上手くいった時もあって、私の成績は赤点か八十点以上かという感じでものすごく開きがあったものです。
自分にあった勉強方法を見つけ出すことこそが、受験を成功させる極意なのだそうですよ。ですから勉強法にしっくりこなかったら、他の方法を探してみるのもいいかもしれませんね。