効率的な勉強をするために

ちゃんと身になる学習をするためには、集中力をもってことに望まなければなりません。長くだらだらと勉強するより、短い時間で集中して問題を解いたほうが、結局のところ頭にちゃんと入ってくるのです。
とはいっても、闇雲に机に向かえばそれでいいというわけではないことは、誰だって知っていることなんですよね。肝心なのは、その集中が自分でコントロールできないという事で。集中できるタイミングがいつやってくるかわからないので、そんな頼りない機会を信じて勉強をしないでいるというわけには行かず、結果闇雲にテキストに挑まざるを得なくなるのです。
集中の仕方を知っているという人は、多くはありません。一握りの集中をコントロールできる人だけが、大きな成果をつかんでいくといってもきっと過言ではありません。
効率的に勉強をするために、勉強の環境を整えることよりも、教材の質を高めるということよりも、自分の集中力を自在に発揮することができるようにするのが、一番効果的なことなんだろうと思いました。