勉強しておけばと後悔すること

受験の日が近くなってくると、自分の実力がこれ以上高まらないことが分かってきます。すると、頭の中をよぎるのは1年ほど前からもっと勉強しておけばこのような状況にならなかったのに..という考え方です。

後悔するということは今の現状を変えたいという自分の欲求があるということになります。これは大事な事だそうで、自分の立ち位置を分からないまま受験に望むの場合は、不意に不合格だったときに、次に何をするか路頭に迷ってしまうとの事です。

私も受験をするときには、かなり後悔をしたのですが、その時にはもう間に合わないので、私の頭の中に入っている知識とプラスして、受験の前日までに残された時間にやれる事をやるだけです。

なので、割とリラックスして過ごしていたように思います。私は楽観的というか、目の前に何があっても手遅れなものは仕方がないと思うようにしていました。なので、受験の前日に偏差値が下がりすぎてまずい事が分かっても、とりあえず可能性が0ではないのでやってみるだけ..と考えます。