勉強に集中できた大学生活

私は元々勉強が好きではなかったため、大学の講義も最初はあまり真面目に受けていませんでした。
と言うよりも集中力がなく、講義を受け続けるのが困難で、すぐにノートに落書きしたり考え事にふけっていたりしました。
そうせいかどうかはわかりませんが、試験の結果が散々な科目ばかりでさすがにこれではいけないと思うようになりました。学生は勉強と遊びを両立させなければいけないということで、私は遊びの方の時間を少し減らして勉強の方に持っていきました。
勉強に集中しようと決意したおかげで講義も真面目に受けるようになって、試験も何とかクリアできるようになりました。
単位を落とすことはたまにありましたが、学生生活での大きなミスにはならず、普通に大学を卒業することができました。人間誰でもやる気になればできるんだということを私は大学で学んだような気がします。高校まで何をしていたんだと自分でも呆れてしまいますが、少なくとも私の大学生活の4年間は無駄ではなかったようです。