勉強のモチベーションを保つためにしたこと

勉強している時は受験に合格した気分になることがありますが、模擬試験を受けるとそんなことはないということを思い知ります。
そのくり返しを経験してきました。
恐らくは今の受験生も同じ経験をしているのかもしれませんが、それでも受験のモチベーションを保つのは大変でした。

そもそも1年後の試験に向けて頑張ろうとするのは辛いですから、どうしても諦めが先に出てしまい、何となく希望的観測のようなものが夏ごろには出てきます。
夏休みに家に引きこもって勉強するなんて私にはできませんでしたから、図書館や公民館などを見つけてそこで勉強をしていました。

机にかじりつくことが出来ない学生でしたから、そうしないと集中力もモチベーションも持ちませんでした。
特に図書館は同じ受験生がいっぱいいましたから意心地は良かったです。
ライバルだと思えば逆に緊張しますから、同志だと思いながらひたすら勉強していた記憶があります。

1月になれば嫌でも緊張してきますからモチベーションはマックスになります。
そうすれば家にこもって勉強することも苦にならなくなります。
まあ、不安が消えないと言った方が正しいかもしれませんが。