勉強熱心なラーメン屋の店長のもとでアルバイトしていました。

私は学生時代、表参道にあるラーメン屋でアルバイトをしていました。私のような学生の他、フリーターの方々もたくさんいましたが、店長は当時40代後半で、高校卒業後ずっとラーメン作りに携わっているという筋金入りの人でした。

怒るときは烈火のごとく怒り、周りも震え上がるほど恐い一方、笑った時のあたたかな感じや人柄に、みんながひかれてついて行ったのでした。

研究熱心な店長で、ランチタイムには実験的に作るその日のひらめきラーメンを、みんなにまかないとして振る舞ってくれていました。店にはしょうゆ、みそ、塩といった3種類のメニューがあったのですが、それぞれの味にさらにいくつかのバリエーションを加え、日々新しいラーメンの味も研究していました。

店長は読書熱心な人でもあり、私にも何冊かの本を紹介してくれたり、貸してくれたりもしました。簡単に読める小説もあれば、当時の私には少し難しい自己啓発書などもあり、その頃はそれほど正直興味はなかったのですが、家庭を持った今、店長が勧めてくれていたその自己啓発書を再度読み返すと、学ぶことも多々あり、本当に感謝しています。