化粧品の卸業者で働くこと

私は化粧品については今一つ知識がありませんでしたが、アルバイトの時給が高い事もあり、私でも仕事ができるかどうか電話で問い合わせてみました。仕事内容は決められた区間の商品の配達と、営業先の新規開拓という話しでした。

つまりルート営業しながら、新しい取引先を探すという仕事になります。営業に関しては疑問がありましたが、やる気はあったのでその点を伝えて採用してもらいました。

大手の化粧品卸会社は、洗剤や殺虫剤などを卸している大手の会社が引き受けていましたが、私が勤務した会社は他の企業には依頼せず独自のルートで配達をしていました。なのでショッピングセンターや、ドラッグストアなどに商品を搬入する際にも、発注量がごく僅かでした。

なので、私が動かしている営業車でカバーする範囲は広範囲に及んでいました。多くの時間を配達に費やしながらも、「新しい取引先を探すように」と言われていましたが、実際のところは無理な注文でした。