千葉の海に行ったときの思い出

私は学生時代、体育会系の活動に所属しており、そのチームの仲間と千葉での試合の帰りに九十九里浜の海岸に遊びに行こうと計画を立てていました。
そして、いざ当日。試合は午前中に行われるので、午後は海で遊べると思っていたので、その日はいつもと違いやる気もあり、とてもいい試合ができそうでした。
試合が始まってみると、みんながやる気を出したせいかかなりのいい試合になっていきました。試合はどちらが勝ってもおかしくない展開で、進んでいき、ついには延長戦に突入していったのです。
そうすると、みんなの顔色が怪しくなってきました。時間は1時半を回っており、誰か早く試合を決めろという状態になっていったのです。そんな中でも、どうしても試合は決着せず、やっと試合が終わったという頃には3時を過ぎてしまっていたのです。
私を含めてみんなはあわてて着替えて車に乗り込み海岸に向いました。しかし、着いたころには4時を過ぎており、帰る用意をしている人もちらほらいるような状態でした。
私たちは、かなり落ち込みましたが、海に飛び込み海水浴を楽しみました。帰りは夜中になりましたが楽しい1日でした。