卒業式に花束をくれるのはサークルの後輩だ!

一般的な大学において、サークルに入っていない限り、先輩後輩のつながりは「ない」と考えてもいいと、個人的には思います。

私のいた学科は理系だったので、まだ研究室における先輩後輩のつながりはあったのですが、文系の学科になると、先にも述べた通り、なんらかのサークルに所属していない限り、先輩後輩のつながりは皆無だとも言いますね。

文系の学科の場合、卒論のないゼミもありますから、そうなると増々、先輩後輩のつながりはないものだそうです。卒論の研究において、先輩の知恵を借りる機会もありませんから。

とは言え、大学の学生生活において、先輩後輩との付き合いがなくても、十分に充実するものではありますよね。

しかしそこで、卒業式ですよ。卒業式で花束をもらっていたのは、サークルに所属していた人たちばかりでした。かく言う私も、一応某サークルに所属していましたので、後輩たちより卒業式に花束をいただいてしまいました。

それが習わしのひとつですし、言わば義務的なものではあるのですが、しかしやっぱりもらうと嬉しいものですね。サークルに所属していて良かったと思ったことのひとつです。