卒業後のアルバイト生活

アルバイトの良い点は、責任をあまり持たないで仕事に打ち込める事です。用事のある場合に、前もって連絡をすると、使用者が考えてシフトを組んでもらって、休みにしてもらえます。
20代までは、年代ならばアルバイトで生活しても勉強のために差し支えがないです。しかし、年齢を重ねてもアルバイトとしてメインで働く事は、年を取ってから困る結果につながる場合もあります。
仕事の中で、学生時代からの延長で家庭教師など時給のいいアルバイトもあります。昔は30代以降に仕事がない事が多かったが、最近は人手不足によって、年齢にかかわらず採用している会社も多いです。アルバイトで生活をする場合は年金が払わなかったり、健康保険は親のものに加入するケースが多いが、労働時間によって、非正規社員の加入を認めざるを得ない企業が多くなりました。
30歳くらいまではアルバイトで生活できます。しかし、その後の人生を決めるためにも早めに就職をしておく方が良いです。