卒論で初めて評価された。

芸術系大学に通っていましたが、私はあまり能力のある方でなく、褒められたとか評価されたと言う
経験は皆無でした。卒論までは。

卒業するのに何かしないとならないのは、他の大学も同じでしょうけど、芸大だと何か作品を出さなければなりません。普通に書いたりしても下手だからなぁと悩んでいると友達に、最後だしどれか一か所
一番なもの作れば?と言われました。

私は定番で戦っても何にもならないのでじゃあ高さで一番になる、と決めました。トーテムポール的な
ものを果てしなく積み上げ、全卒論で一番見上げないとならないものを作りました。40mぐらいありましたでしょうか。測ってはいませんが。

作ってる時はハイなのでイケイケな気持ちですが、作り終わって冷静になると、なんかおかしなもの
建てちゃったなとかなり後悔したのを覚えています。

ですがそれを提出すると、他の科の先生なんかも観に来たりして、意外に好評だったんですよね。
最近の学生は大きなモノ作らないから、と言われました。恥ずかしかったですけど、目立っては
いましたね。

最後の最後に評価が貰えたので、今でも印象深い出来事です。