卒論を合作で作って貰った。

大学には卒業するために卒論と言うモノがあります。なんとかなるでしょ?とタカを括っていましたが
そんなに甘いモノではなく、泣くような思いをしました。

一人ではどうにもならず、既に提出済みになっていた友達にお願いしました。ちょっとでいいんだ、と
お願いしたのですが、結局全部手伝ってくれました。時間が無かったので分担して、何日も遅くまで
やって何とか仕上げました。

かなり友達も頑張ってくれて、私が寝てしまったのに一人で黙々作業してくれたり、必要な本など
を探してくれたりしてくれて、コイツこんなに良い奴だったんだと改めて思いました。かなり勝手な
評価ですが、人間辛い時にこそ人の言いところが見えるようです。

教授には、お前手伝って貰ってるんだって?と完全に筒抜けでしたが、テーマにしたものがよく、
それなりの評価を貰ったのですんなり通してくれました。手伝って貰えなかったらマジで留年でした
から、頭が上がらないですよね。

今でも付き合いがあり、出来る限り要望は聞こうと思っているのですが、いざ頼まれると面倒とか
思ったりします。友情って難しいです。