単位を取得するためには

私は学生時代、経済学部に所属していました。授業が楽そうという不純な動機で学部を選んだのですが予想通り、楽々と単位を取り卒業することができました。
ほとんど最初の3年で単位を取ったので4年生になってからは就職活動やアルバイト、運転免許の取得に力を注げました。
単位を取るためには講義によって条件が異なり、出席しなければ取れないもの、レポートを提出しなければならないもの、試験があるもの、など様々あります。
出席しないといけないものは代返がきくもの以外は自分で出席するより仕方がないのですが、人脈でなんとかなるのがレポートの提出であり、レポート提出で単位が取れる講義が一番多いです。
そこは友人と協力し合って情報交換をするのですが友人に有益な情報を提供するために自分でもある程度講義に出ることが必要になります。
しかし中には全く知り合いでない気の弱そうな人に声をかけ、情報を聞き出して単位を取得するという強者もいました。
他には友人のレポートを丸写ししたり、自分でもあくどい方法を取ったことはあります。
「何でもいいからレポートを提出すれば単位をくれる講義」というものもあり、大人気でした。それは何かの本を丸写しして単位を取得したのを覚えています。
こんなことをしていて勉学が身に着くのかと言われれば親には申し訳ないような気持ちになるのですが、単位を取るための創意工夫はなかなか社会に出てからも役に立っているような気がするのです。
大学はそれまでの小・中・高校と違って自らが動かなければ何もできないシビアな世界なのですから。