単発で行うアルバイトに関して

一日単位の単発で行うアルバイトは、基本的に学業や本業以外の空いた時間に行える事がメリットです。会社からの指示で、仕事に入る日を指定される場合もあります。しかし、多くの場合は自分の希望の日に仕事に入れる場合が多いので、社会人ならば副収入としてのアルバイトとして、お金を稼ぐために行っている人が多いです。私は昼間の仕事をしながら、時間が開いた日に単発のアルバイトを良く行います。仕事内容として、単一的な仕事ではなくて、引越しの作業や看板持ちなどの直ぐに誰でもできるような作業です。収入は基本的に時給で計算されて、働く場所によっては日給で計算される事もあります。単発の仕事のメリットは、様々な仕事があって、自分の向いている仕事を選択できる事です。長期的な仕事の場合は、雇用関係などの手続きなどで大変ですが、単発の仕事は日払いとして何の手続きもなくて仕事を任されて、その日に給与が渡されて、労使にとっては非常に都合に良い雇用形態と思います。