単発物のアルバイト

関西で学生時代を過ごしていたころは、力仕事のアルバイトに明け暮れていました。大学の近くに学生向けのアルバイトを紹介してくれる施設があり、授業が終わった後によく通ったものでした。また人材派遣の会社にもアルバイト希望の登録をしていました。当時は授業料や下宿代を自分で捻出しなければならず、アルバイトなしでは生活もなかなか成り立ちませんでした。とはいえ、卒業論文の作成も同時にしなければならなかったので、なかなかアルバイトにあてる時間もありませんでした。そのため、どちらかというと長期のアルバイトよりも短期のアルバイトのほうが多かったような記憶があります。単発のアルバイトは作業の現場もまちまちだったのですが、はじめて訪れる場所ばかりだったので楽しい思い出になりました。もともと名古屋出身で関西地方にはあまり土地勘もありませんでした。アルバイトでいろいろな場所に出かけられたので、交通路線図に詳しくなったものです。