印刷会社の仕事はハードである

印刷関連の会社で短期アルバイトの募集があったのでやってみた時期があります。

私がアルバイトをした時期には、大量の印刷物の発注が入っている時期であったので、連日大量の本が印刷されていました。これをトラックに積み込んで所定のコンテナに積み込むことが私の仕事になりました。

県外に発送する印刷物と、国内の書店に直送する印刷物があって、これを何往復もする仕事なのです。運送会社に頼むこともできるようなのですが、コストが膨大になるので、アルバイトを雇って何往復もする方がコストが下がるという発想なのだそうです。

ということは、私の仕事量は最初の段階で想定されており、私が道草をしたり、仕事の能率が良くなかったりすると、一気に予定よりずれ込んでしまいマイナスになってしまう可能性があるのです。

せっかく採用された仕事を首になることは避けたかったので、集中して仕事をこなして、時間内に全て終わる事を目指したのです。私が予想したよりも印刷会社の仕事はハードだったのです。