危険度が高めな装飾物は業者が作っている学園祭

学園祭では、色々な装飾物が設置されています。その装飾物の見た目も、とても多彩ですね。あの装飾物を見ていると、いかにもお祭りという雰囲気が感じられるのですが。
ところでそのような装飾物は、主に2通りあると思います。学生が自力で作っているか、業者が作っているかです。
私の想像ですが、大きめな装飾物などは業者が作っているケースが多いと思います。というのも大きめな装飾物は、それを作るのにやや危険な作業が発生すると思うのです。大きなゲートを作るとなると、多少の危険を伴うでしょう。高所作業などが発生する可能性もありますので、学生が自力で作るのは少々危険な一面があります。それよりもむしろ業者がそれを作っているケースが多いと思うのです。
しかし小さめな装飾物であれば、むしろ学生が自力で作っているケースも多々あるでしょう。それほど危険を伴わないからです。
つまり学園祭での装飾品は危険度が高いものが業者が作っていて、低いものは学生が作っていると私は推理します。