厳しかったケド、得るものも多かったアルバイト

大学時代に、学校の近くのテニススクールでインストラクターのアルバイトをしていました。

テストもあるため、それなりに時給のいいアルバイトでしたが、
自分でプレイすることと、人に教えることでは全く違うことを思い知り、
かなり苦労したことを今でもハッキリと覚えています。

まず、人に教えるためには「基本に忠実に打つ」ことが重要となります。
それまでは試合で勝つための練習をしてきたので、
ある意味少しクセがあるくらいの打ち方でも点数が取れれば良かったのですが、
人にお金をもらって教える訳ですからそういう訳にはいきません。

そこで、アルバイトを始めてからは、
徹底的にクセを無くすための指導をヘッドコーチから受けることになります。

これが想像以上にハード。

長年の練習で身についてしまったクセを矯正することが、
こんなにストレスの溜まるものなのか、と音をあげそうになりました。

しかし、一度自分のプレイスタイルを壊して、
1から基本を身に付けていくと、
テニスというスポーツそのものが今まで以上に理解できるようになりました。

この時のこの経験が、今でもとても役に立っています。
まず基本を身に付ける。自分の個性を出すのはそれから。
仕事にも、趣味にも全てに共通して言えることなのではないかと思います。

厳しかったケド、得るものの方が大きいアルバイト経験でした。