友人からアルバイトを紹介してもらった

学生の頃には求人情報誌でアルバイト情報をチェックするのはお決まりでしたが、求人情報もチェックしながらも、最も良い求人情報は友人から聞くことが多かったのです。

アルバイトの募集人員が少ない場合には、求人情報誌に掲載するのが割に合わない事になります。それほど大きくないサイズで掲載しても10万円弱はかかるそうなのです。なので、知り合いのつてでそれなりに良い人を採用するのが経営者側にとってもメリットになるということです。

そして、アルバイトをする側にとっても、知り合いからの紹介なので基本的には簡単な面接だけでパスすることが多く、履歴書は決まりなので提出するくらいになります。なので、友人達が集まって話をするときに、「いいバイトない?」と聞くことはとても大切なことなのです。

特に、求人情報誌には掲載してないような高額なアルバイトに関しても、人ずてに聞くことが多く裏情報のような感じになっています。あまりに怪しいものは誰もやりませんが。