友人がそばにいる楽しさ

大学時代と言えば楽しいことばかりでした。
講義は大変だと思ったり難しいと思って挫折しそうになることもありましたが、基本的にはやはり楽しく、それはなぜかと言えば友人の存在があったからだと思います。
大学の友人の一人とは一緒にいることが多く、食事や講義も常に一緒と言う感じでした。友人の少ない私としてはそれは嬉しいことで、飽きることなく話し続けられました。
友人の存在は大学と高校とでは全く違います。高校まではただの遊び友達と言う感じですが、大学になると頼りになる存在になるんです。悩みを話したり飲みに行ったりと、高校の時とはまた違った関係を築くことができ、私としては大学の友人はかなり大切な存在でしたね。
その代わり、その友人がいない時間と言うのがとてもさみしく感じられます。常に一緒にいるものだから、いない時になると途端に不安になってしまってついメールを送ってしまいます。大学時代の友人との時間は本当に楽しかったと心から言えますね。