友人たちとサークルを作った思い出

大学のサークルに関して、最も思い出深かったことは友人たちとサークルを作った事でした。サークルを作るというと何となくハードルが高いように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。もちろん、サークルの部室を持とうと思うと、サークル協議会に入会し、部室待ちの申請をし、サークル会議に参加しetc……と色々と面倒な手続きを取らなければいけませんが、サークルをただ作るだけであれば、ほんの数人の友人とサークル申請書を大学に提出するだけでした。
もちろん、そんなサークルに何の意味があるのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、何となく高校ではできなかったことを友人たちと一緒にやり、自分たちの手で何かを作り上げるという経験は非常に楽しいものでした。結局作ったサークルは、新入生の勧誘も行わなかったため「内輪だけ」のサークルになり、私たちの卒業とともに無くなってしまいましたが、私の大学生活の中でも特に印象深い経験になったものだと思います。