友人とアルバイトを比べてみたこと

仲間同士でお酒を飲んだりする時には、バイト中に起きた様々な事件を話し合います。すると次第にどこのバイトが良かったか..のような話になる事があります。

基本的にはそれほど過酷な労働ではなく、時給の良いアルバイトがベストだと考えられますが、その考え方は人によって違ってくるのです。ある友人の場合は、軽作業の職場でありながら、交通費が全額支給、更に休日出勤だと手当が付いたりするアルバイトをしており、現時点で最高レベルだと言っていました。

しかし、何もかもが良いわけではなく時給が最低賃金から何十円かアップしただけの安い賃金だったので、交通費を全て加えたとしてもそれなりの金額にしかならないのです。

それよりも、交通費は全く出ないが、現場に入って作業が全て完了すれば日給がもらえるというペンキ塗りの仕事の方が断然に良いと言う友人もいました。肉体労働の作業となるのでアルバイトの基本的な給与はワンランク上なのです。

そんなメリットとデメリットを話していると、自分が目指したいアルバイトが見えてきますが、友人達と意見が違うのは当然な事だと思います。