友人のバンド演奏

学園祭でバンドをやるという友人がいました。
正直にいって、普段は特にこれといって特徴のない友人なので意外でした。軽音楽部があることも知らなかったのですが、ギターケースを背負っているのも見たことがありません。と言うと、彼の担当している楽器はドラムだといいます。それを聞いても、やっぱり地味な印象がぬぐえませんでした。
なんとなく体育館に見に行くと、わりとぱらぱらとしか人がいませんでした。そんな中バンドの演奏が始まったのですが、びっくりしました。うまいのです。友人は、人が変わったようにドラムを叩きまくっていました。心地よいリズムです。
単に休憩のためにやってきていた生徒が、会話をやめて聞き入っていました。
ですが携帯電話をいじり始めたので、すぐ興味がなくなったんだろうかと思っていたら、体育館に別の生徒がやってきました。だんだん増えてきています。どうやら友達を呼んだようです。
気付けば人の数が最初の倍以上になっていました。