友人の家に泊まった大学時代について

大学時代には頻繁に友人と遊ぶようになりました。多くの大学生が自由なので好きな遊ぶができます。私は常に友人と一緒に行動しており、その度に相手の家で遊んでいました。
ある夏の日に私は友人の家に泊まりました。そこでは今の恋愛の話をしたり、将来の仕事について語りました。大学時代だとこういった恥ずかしい話も自由にできるものです。私と友人は話に夢中になって夜まで遊んでいました。この時に体験した友情は今でも大切なものです。
大学時代の友人は自分にとって大きな存在になっています。そして、夏の日に友人の家に泊まったことは重要な記憶です。そこでは友人の内面を深く理解できたので、泊まって正解だったと何度も思っています。そして、一緒に買い物に行ったり散歩したことは最高の思い出です。今では仕事などで遊ぶ機会が少ないため、大学時代の自由な思い出は忘れられないのです。
本当に大学時代は楽しい毎日が続きました。そこに友人の存在があったから私は幸せだったと思います。