友人の新聞配達のアルバイトを手伝ったこと

以前に良く遊んでいる友人が、早朝の新聞配達をするというので、一緒に手伝った事があります。アルバイトをしたのは友人だけであり、私は早起きして体操をする習慣にしていたので、一緒にウォーキングをしてみようと思ったのです。

友人が手際よく新聞を入れていく様子を見て、とても簡単な仕事内容だと思ったのです。ルートさえ覚えてしまえばノントラブルで仕事が終わります。上司に指示されるわけでもなく自分で好きなペースで仕事を終えることができるので、ある意味最高にリラックスできる仕事となります。

友人が羨ましくなったので、アルバイトの給与のことについて話したのですが、やはり他のアルバイトよりも相当に少ない給与なので何かかわいそうな気になってしまいました。

早朝手当のような特別な手当が付くのであればもっと良いのですが、通常の時間給の計算だけだとどうしても不満が残る給与になってしまいます。この仕事は、誰でも手軽にできるという点が気に入られているのだと思います。