友達の部屋へサプライズ!

蒸し暑い夏。
毎年この時期になると大学2回生の夏を思い出します。
大学の夏休みって長いですよね。
それこそ二か月くらい。
たまたまいつも一緒にいるグループの友人が夏休みに誕生日で、ほかのメンバーでサプライズをすることにしたんです。
その友人は一人暮らしをしていたので、事前に打ち合わせて私たちは彼女の部屋の前に集合。
日付が変わる少し前にチャイムをならし、ちょうど日付が変わるタイミングでドアが開くように計算して、その瞬間にクラッカーでお祝い。
「おめでとう!」と叫んで抱きついて…。
深夜にクラッカーを、しかもアパートの玄関でならすなんて、今思えばかなりの近所迷惑ですよね。
ケーキとプレゼントを抱えて大はしゃぎでお祝いしたのがいい思い出です。
朝まで騒いで盛り上がりました。
夏休みでなかなかみんなで逢えなかったので、余計に楽しかったんです。
あんなふうに無邪気に騒いで盛り上がれるのは学生の特権ですよね。
翌年は彼女に彼氏ができ、彼氏の家に泊まるとのことだったのでサプライズはできなくなってしまいましたが、それもまたいい思い出です。