受験する高校の選び方は人それぞれ

私の受験は猛勉強とは皆無でした。
特に高校受験の時は楽をしました。塾に通っていたにもかかわらず、自分のレベルよりも低いレベルの高校を受験し、あっさりと合格してしまいました。何のために塾に通っていたのかわからず、塾の受講料を無駄にしたという感じでした。それなりに応用は身についたとはいえ、レベルの低い高校を目指してしまった自分が情けないと思いました。
でもその高校を目指したのには理由があります。私が入りたいと思っていた部活があったのです。おまけに学校の雰囲気が良く、学校説明会の時などに案内してくれる生徒さんたちも優しくて、ここなら頑張って通えると思いました。
もしレベルの高い高校を受験したとしても、いざ入ってみて赤点ばかり取ったり学校生活が楽しくなったりしたら意味がありませんよね。将来のために高いレベルを目指せたとしても、精神が成長できなければ大問題です。
だから私は自分の高校受験の選択を間違いだとは思っていません。今もその高校での楽しい思い出が蘇ってきて、心が癒されるほどです。