受験では基礎は大切です

受験をする時に、私が苦戦したことといえば苦手科目の克服です。
センター試験のための対策でも得意科目ならば高得点を取れることもあったのですが、苦手な数学だとセンターレベルの問題であってもなかなか解けなくてしんどい思いをすることもありがちでした。
受験をする際、私が苦手を無くすために意識したことと言えば基礎をしっかり勉強するということでした。
レベルが高い参考書に手を出してしまった結果、書いてあることが理解出来なかったり、載っている問題を解こうとしても開設を呼んでも良くわからないままだったこともあったので、基礎の優しいテキストを使うようにしたり、なるべく詳細でわかりやすい解説が載っているものを選ぶことが多かったです。
基礎をしっかり理解することが出来れば、応用も自然と理解できるようになることはありがちでしたし、自力で問題を解けるようになる確率も上がりました。
受験で勉強に行き詰った時は、優しい問題を解いたり、基礎をもう一度固めて理解を深めることはおすすめです。