受験で一番楽しかった瞬間とは

受験勉強をしていて一番楽しかった瞬間はいつでしょうか。
一番良く聞くのは合格した瞬間ですが、私にとって合格した瞬間はそれほど感慨深いものではありませんでした。

もちろんうれしかったのですが、それ以上に特に解放感を感じたということはありませんでした。
それ以上に一番開放感があったのは「センター試験終了時」です。
大学がセンター試験の点数だけで入れるところでしたからセンター試験の点数次第であとは何もしなくてもいい状態でした。

そのような状況でセンター試験を迎えて何とも言えない高揚感とプレッシャーの中で2日間を過ごして、最後の「地学」を終えた時に気持ちが晴れたような感覚になりました。
夜も遅く、周りは暗くなっていましたが、それでもワクワク感が抑えきれない不思議な感じがしました。
もちろん答え合わせなんてしていませんし、結構ミスをしていることも自覚していたにもかかわらず、です。
あの感覚は未だに忘れることが出来ないくらい不思議な感覚でした。