受験で人生は変わる

私は受験の時にとても慎重になりました。進学する高校や大学によって人生が全く違うものになるのかと思うと、どこに行くか決められませんでした。そういう意味でも受験は大事だと思いました。
受験で合格するかしないかも重要ですが、受験によって人生がどのように進むのかということも重要です。受験にはどの選択肢が正解かなんてありません。自分の行きたい学校に進学して自分のやりたいことをやればいいのです。
その方向によって人生が変わってしまうのかと思うと私は恐かったです。希望する進学先を増やせば増やすほど、人生に迷ってしまうのです。
でも結局自分の人生は自分で決めるのだということを心に刻み、私はひとつの高校、大学に絞りました。今、その高校や大学に行って正解だったかなんてわかりません。違う学校に進んでいれば全く違う未来があり、今と違う生活をしていたかもしれません。
大学を卒業してから数年たった今そのような話題を持ち出しても意味がありません。私は自分の受験の選択は間違っていなかったと信じ生きていくしかありません。後悔なんてありません。