受験で好きだった歴史

私は大学受験をする時、英語や数学はあまり好きではありませんでしたが、たった唯一好きだったものと言えば歴史でした。
世界史も日本史もとにかく大好きだったので、歴史の成績だけはいつも褒められていたり、模試でも比較的に優秀だった思い出があります。
私は応用力があまり無いので、難関な数学を解いたり、複雑な物理や化学は嫌いで仕方なかったことを思い出します。
全く理系に向いていないタイプだったので、高校一年の時から受験をするならば絶対に文系に行こうと決めていました。
ただ、一番仲良かった友達が理系のタイプだったので本当に憧れました。
受験では数学が出来るだけでかなり有利ですし、数学が苦手な私は受験に向いていないのかなと落ち込んだことも多かったですが、基礎を何度も復習したり、学校だけではなく塾へ行くようになってからは、少しずつ数学は克服することが出来ました。
私は受験で私立の文学部へ進学しましたが、親友は薬科大学に進学して薬剤師になるための勉強を続けています。