受験で苦労したこと

受験で一番苦労したことといえば、なんと言っても体調管理でしょうか。私は中学受験と大学受験を受けたのですが、そのどちらも試験直前で酷い風邪をひいてしまい、熱でフラフラしながらの受験となってしまいました。そういう状況でしたから自分の実力の60%も出せたかどうか……当然、志望校には受からず、第二志望の学校へ進学することとなりました。
今でも、第一志望の学校へ行けたらどうなっていただろうか、と妄想することがあります。しかし、そんなことをしていても何もなりませんし、後悔しか残っていません。ですから、そんな後悔をしないためにも、体調管理には念には念を入れましょう。
普段はしないうがい、手洗いは絶対に、できれば手の消毒もあわせてしたいくらいです。そこまでやっても、風邪などにかかるときはあっという間です。のどの違和感や咳などの風邪の兆候があったときは迷わず医者へ行き、風邪薬を貰って事前に対処するなど、念には念を入れた体調管理を徹底しましょう。